◇◇このブログの最初の記事へ(2006.3.29カウントダウン手術9日前)◇◇

2008年04月30日

臓器移植法の改正、審議を速めて

【臓器移植法の改正、舛添厚労相が「審議を速めて」】

国会での審議が中断している改正臓器移植法案について、舛添厚生労働相は25日、閣議後の記者会見で「国民の命にかかわることは審議を速めてもらいたい」と述べ、提案から2年経ても進展しない現状の打開を求めた。

今国会での審議日程をめぐって調整が続いているのを受けた発言で、大臣が進まぬ審議に注文を付けるのは異例だ。

改正法案は、脳死移植について現行法の提供条件を緩め、小児患者の移植を国内で可能にしようと、2006年3月に与党議員が提案した2案と、昨年12月に緩和に反対する野党議員が提案した生体移植の規制強化案。

衆議院は専門の小委員会まで設置しているが、社会保険庁改革関連法案など重要法案の審議を先行したため、実質的に審議されたのは参考人質疑1回のみ。与党の推進法案の提案者は今月、法案の一本化を図り、審議の進展を狙ったが不調に終わった。与野党間では、来月の連休明けに審議日程を入れることまでしか決まっていない。

舛添厚労相は「生命倫理問題はそれぞれの議員の本人の倫理観、哲学でやってもらうもの。党派を超えて話し合いで前に進めることが大切」と話した。
(2008年4月26日 読売新聞)

ソース:http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20080426-OYT1T00026.htm
posted by NOKIN(のきん) at 09:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月20日

生体肝移植ドナー手術、動画

YouTube動画【14分33秒】


京都大学医学部の講義用ビデオらしいのですが、
事前にこんなの見てたら、ちょっと尻込みしちゃってたかもしれないです・・・(^^;

posted by NOKIN(のきん) at 00:17| 東京 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月11日

祝入園

昨日、冷たい雨が降りしきる中、娘の入園式に参列してきた。

送電トラブルによるJR中央線の運休の影響なのかか?渋滞することなど殆ど無い道路も大混雑。
普段の倍近くの時間を費やし、滑り込みセーフで式の会場となっている園内の講堂にたどり着いたのだが、そこは既に満員御礼! あたりを見渡すも 立見席すら無い状態・・・。

バッテリーを充電し、テープも余計に用意していたと言うのに、ビデオ撮影どころか、娘の姿すら見えない最後尾の位置に追いやられる。 場所取りの重要性に気づき、運動会では必ずやリベンジしたいと思った瞬間だった(^^;

大泣きし母親に抱きついて離れない子供達もいる中で、親の姿が見えなかったのが 逆に良かったのか?とっても良い子のまま式を終えることができた。

何はともあれ、始めの一歩を無事に踏み出すことができ ホッとしている。


実は この幼稚園、30年前に私自身も通っていた幼稚園なのだ。
幼稚園児の頃の記憶など残って無いと思っていたのだが、一歩 園舎に足を踏み入れ、その行事に参加しているうちに 当時の記憶が蘇り、自分のクラス名や担任の先生の名前等が鮮明に浮かび上がってきたのには驚いた。

無くしていた脳の奥深くにある記憶の引出しの鍵を 誰かから渡された様な 不思議な感覚であった。
posted by NOKIN(のきん) at 23:47| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月07日

68例目の脳死判定

【68例目の脳死判定】

日本臓器移植ネットワークは5日、名古屋市の名古屋第二赤十字病院で、脳梗塞(こうそく)で入院中の50歳代男性が臓器移植法に基づく脳死と判定されたと発表した。判定は68例目で、脳死移植が行われれば67例目となる。

心臓は東京大病院で40歳代の男性、肺は大阪大病院で40歳代と30歳代の女性、肝臓は同病院で60歳代の男性、膵臓(すいぞう)は同病院で30歳代の男性、腎臓は名古屋市立大病院で50歳代の男性と、名古屋大病院で40歳代の女性にそれぞれ移植される予定。小腸は医学的理由から移植を断念した。
2008年4月6日  読売新聞)

ソース:http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20080406-OYT8T00167.htm

posted by NOKIN(のきん) at 21:17| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。