◇◇このブログの最初の記事へ(2006.3.29カウントダウン手術9日前)◇◇

2010年01月25日

親族に臓器提供、意思表示

【臓器を親族に優先提供、2700人が意思表示】

今月17日に施行された改正臓器移植法で臓器を親族に優先的に提供できるようになったのにともない、日本臓器移植ネットワークのホームページを通じて優先提供の意思を示した人が、24日までの10日間で約2700人に達した。

厚生労働省が25日、発表した。予想よりも多いペースだという。

臓器提供の意思表示は、当初の意思表示カードに加えて、2007年にはホームページでもできるようになった。ホームページでは、親族への優先提供を希望できる項目を、今月15日から加えた。
厚労省によると、15〜24日に約700人がホームページで新規登録し、そのうち約170人が優先提供を希望した。また、すでに登録している約5万3400人のうち、約2500人が優先提供を追加した。
厚労省臓器移植対策室は、「優先提供制度を通じて、臓器移植全体の普及につなげるようPRしていきたい」としている。

(2010年1月25日  読売新聞)

ソース:http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20100125-OYT1T01107.htm

posted by NOKIN(のきん) at 23:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国内86例目、脳死臓器移植

【86例目の脳死移植、6病院ですべて終了】

大阪府立急性期・総合医療センターで脳死と判定された40代男性から、提供された臓器を移植する手術は24日、大阪大病院など6病院ですべて終了した。
臓器移植法に基づく脳死移植は、これで86例目。

心臓は同病院で10代男性、肺は福岡大病院で20代男性、肝臓は東大病院で30代女性、右の腎臓はNTT西日本大阪病院で50代女性にそれぞれ移植された。左の腎臓と膵臓(すいぞう)は東京女子医大病院で30代男性、小腸は京大病院で10代男性に提供された。

(2010年1月25日  読売新聞)

ソース:http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20100125-OYT1T00036.htm

posted by NOKIN(のきん) at 22:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。