◇◇このブログの最初の記事へ(2006.3.29カウントダウン手術9日前)◇◇

2009年12月23日

東京医大、生体肝移植後4割死亡

【生体肝移植後4割が早期死亡 …東京医大八王子医療センター】

東京医科大八王子医療センター(東京都八王子市)は22日、記者会見を開き、同センターで生体肝移植手術を受けた患者の約4割が術後早期に死亡していたことについて、「リスクの高い症例を選択するなど、責任者としての慎重さに欠けていた」として、臓器移植外科・一般外科の長尾桓(たけし)主任教授を停職3か月の処分としたと発表した。すでに退職している元センター長と元准教授の2人は厳重注意にしたと発表した。

同センターでは2000〜07年に計52例の生体肝移植手術を実施したが、19例で患者が退院前に死亡し、1例では術後3か月以内に死亡していた。日本肝移植研究会の報告によると、生体肝移植で術後、患者が1年間生存した割合は約8割とされており、同センターの生存率は著しく低かった。
同大は死亡が相次いだことを受けて07年10月に生体肝移植手術の実施を中止し、同年に外部の専門家をまじえた検証委員会を設置。

検証委がまとめた報告書では、同センターが難易度の高い症例を多く実施していたとしながらも、肝動脈をつなぐ処置など医師の技術力に問題があったことや、術後の管理体制の不十分さなどが指摘された。(2009年12月22日  読売新聞)

ソース:http://osaka.yomiuri.co.jp/university/topics/20091222-OYO8T01030.htm

posted by NOKIN(のきん) at 23:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。