◇◇このブログの最初の記事へ(2006.3.29カウントダウン手術9日前)◇◇

2007年07月09日

ドナー、3%に重い合併症

【生体肝移植のドナー、3%に重い合併症】

国内で行われた生体肝移植で、提供者(ドナー)の30人に1人が手術により重い合併症にかかっていたことが、日本肝移植研究会の調査で6日、わかった。
国内で実施される肝移植の9割以上を占める生体移植の提供者に大きなリスクがあることが、統計的に初めて明らかになった。 調査したのは、同研究会のドナー安全対策委員会(委員長=清沢研道・長野赤十字病院長)。2005年12月までに国内で行われた生体肝移植のうち、42施設3005例の症例を得た。
このうち、<1>生死にかかわる可能性がある<2>再手術を要した――など五つの問題に該当する症例を「重い合併症」と見なして調べたところ、105人(3・5%)が該当した。内訳は、肝臓を切った部分から「胆汁が漏れる」(45人)が多く、ほかに「2リットル以上の出血」(24人)、「感染症」(8人)など。46人は再び開腹手術を受けた。

国内では、2002年に京都大で手術を受けたドナーが肝不全で翌年死亡したほか、2005年には群馬大の手術でドナーが大量出血し、下半身不随になった。対策委は「生体肝移植には一定のリスクがある。提供者は、その点を十分踏まえて手術に臨んでほしい」と話している。
2007年7月6日 読売新聞)
ソース:http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20070706it12.htm

posted by NOKIN(のきん) at 10:13| 東京 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月06日

検査入院

水曜日の午後、親父を病院へ送り届けてきた。

例の検査の為、数日間 病院にお泊まり。 親父にとって、約一年ぶりの入院生活となるが、前回の入院時とは大違いで、一見 元気そのもの。

昨日、「膀胱生検」を含む検査が行われているはずだ。
膀胱鏡という特殊な内視鏡を尿道から挿入し、膀胱内部を検査するらしいのだが・・・ う〜っ 想像しただけで下半身がむず痒くなる(^^;

週明けの月曜日には退院予定、その後に検査結果が出る。
posted by NOKIN(のきん) at 17:48| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月03日

脳死移植、親子で啓蒙CM

【命救い命生む…脳死肝移植10年後に出産、親子で啓発CM】

脳死者から提供された肝臓の移植を受け、その後に出産した女性が、臓器移植への理解を訴えるテレビコマーシャルに、わが子とともに出演する。
公共広告機構(AC)が制作、7月から放映される。脳死肝移植を受けた女性が出産した例は、国内では極めて珍しく、「移植医療が2世代にわたる私たちの二つの命を救ってくれた」と話している。 この女性は、兵庫県西宮市の主婦、今川真紀子さん(34)。英国の大学に留学し、4年生だった1996年4月、突然40度の高熱が出て、意識が遠のいた。ロンドンの病院で、急激に肝臓細胞が破壊される原因不明の劇症肝炎と診断され、「肝臓移植を受けなければ、命は危ない」と告げられた。
移植待機リストのトップに登録された。入院3日目、脳死になった臓器提供者が現れた。12時間に及ぶ移植手術を受け、九死に一生を得た。
大学を卒業して翌年に帰国、商社に就職した。同僚だった拓(たく)さん(33)と2004年に結婚した。だが、出産はあきらめていた。移植した臓器への拒絶反応を防ぐため免疫抑制剤を服用しており、母体だけでなく、赤ちゃんも感染症にかかりやすくなるなどの恐れがあったからだ。
しかし、主治医から「薬の量を調節するなど対処すれば大丈夫」と励まされ、「リスクはあるけれど、挑戦しよう」と決断した。
妊娠し、流産の危機も乗り越え、昨年4月、長男駈(かける)君(1)が誕生した。「人生、山も谷もあるが、負けずに駈け抜けてほしい」と拓さんが名付けた。駈君は、浮輪をつけてプールで遊ぶなど元気に育つ。
「一人の命が救われた。だけではなかった」とのフレーズが印象的な真紀子さんの出演作品は、テレビ、ラジオのコマーシャルのほか、新聞、雑誌の広告、地下鉄のポスターなどにもなる。真紀子さんは「出産をあきらめている移植経験者が希望を持てるようになれば、うれしい」と話す。
真紀子さんは、肝臓提供者は英国の中年男性だったと後に医師から聞いた。「日本にいたら、こんなに早く移植を受けられず、命を落としていたかもしれない。いただいた命は、駈にまで引き継がれていると、見知らぬ提供者の方に伝えたい」と話している。

真紀子さんは駈君の成長の様子をブログ(http://plaza.rakuten.co.jp/prettyprince/)につづっている。 (2007年6月30日 読売新聞)
ソース:http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070630i104.htm

posted by NOKIN(のきん) at 10:13| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月26日

6月26日

今日は私の誕生日♪

普段ご無沙汰な友人・知人からもお祝いの電話やメールをもらい驚いた!!
(しっかし良く覚えてるなぁ〜 こっちはあなた方の誕生日知らないのに・・^^)

職場でも3時の一服タイムになると、「お誕生日、おめでとう〜♪」そんな事務員さんの明るい声と共に、真っ赤なイチゴが乗ったショートケーキが出て来た。

いつもと違い、今年の誕生日は祝福され過ぎて なんだか気味が悪い気もする(笑)

さぁてと、今日は少し早めに帰るとすっか!
家に帰ると今度は"丸ぁるいケーキ"が待っているのかなぁ??

忘れられてたりすると、いい落ちになるのだが(笑)
posted by NOKIN(のきん) at 19:12| 東京 🌁| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月23日

移植前治療も保険適用

【「生体肝」移植前治療も保険適用…厚労省、20日に通知】

肝臓がんで生体肝移植を受けた後、公的医療保険が不適用と判断されるケースが相次いでいる問題で、厚生労働相の諮問機関である中央社会保険医療協議会(中医協)の分科会は19日、これまで保険が使えるかどうかあいまいだった「移植前に治療を受けていた症例」についても、保険の適用対象とする方針を決めた。
移植3か月前までに内科的な治療でがんを消し、国の基準を満たしていれば保険が使えるようにする内容で、20日の中医協小委員会で正式決定後、厚労省が基準改正の通知を出す。

大人の肝硬変・肝臓がん患者に対する生体肝移植の保険適用は2004年にスタート。厚労省は、がんの大きさや数によって保険が使える基準を示したが、事前治療でがんを消した症例については、適用対象かどうかが明記されていなかった。厚労省医療課は「速やかに手続きを進め、混乱を解消したい」としている。
2007年6月19日 読売新聞)
ソース:http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070619i506.htm
posted by NOKIN(のきん) at 12:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月20日

一難去って・・

『精査した検査の結果、膀胱腫瘍を認める。膀胱内に発生した腫瘍の9割が悪性(癌)が疑われる』

尿路上皮腫瘍のうたがい。 膀胱生検・・・ ブラッシング細胞診・・・・・
7月の始めに 親父が膀胱内にできた腫瘍の検査を受ける為に入院する事になった。

大病を克服し、健康な生活を取り戻したと思っていた矢先の出来事・・・。

胃潰瘍に十二指腸潰瘍、肝硬変、今度は膀胱癌の疑いかよぉ・・・ 親父の体は、はっきり言って「大外れ」である。 病気のデパートの様な親父の体・・ 悪疾を呼び込む何かがあるのでは?? と、あまり信心深く無い私も、最近では“御払い”でもしてあげたほうが良いのではないかと 本気で思うほど・・。

一難去って、また一難・・平穏な日々は長くは続かないのかぁーーー!?

自ら望んで病気になる人はいないので、本人が一番辛く可哀相なのは判っているのだが、ちょっと嫌気がさしてきたよ・・・

今は これから行われる精密検査の結果が良いものである事を祈るしかない。
posted by NOKIN(のきん) at 00:17| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月15日

56例目の脳死移植

【56例目の脳死移植へ、都内に入院の50歳代女性を判定】

日本臓器移植ネットワークによると、東邦大医療センター大森病院(東京都大田区)に入院中の50歳代女性が14日、脳死と判定された。
臓器移植法に基づく判定は57例目で、56例目の脳死移植が行われる見込み。 心臓は大阪大病院で40歳代男性に、膵臓(すいぞう)と腎臓は同大で30歳代女性に、もう一つの腎臓は東京女子医大で50歳代女性に、それぞれ移植される予定。肺と肝臓は、医学的理由で移植を断念した。小腸は、移植の対象となる患者がいなかった。
2007年6月14日 読売新聞)
ソース:http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20070614ik21.htm
posted by NOKIN(のきん) at 10:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月14日

さくらんぼ×100

いつもの休日より少し早起きし、中央高速を使い、山梨方面へと向う。
勝沼ICで高速を出て、地元の農協に立ち寄り、さくらんぼ農園を紹介してもらった。
待つ事10分、迎えにきてくれた農園主自ら運転する軽トラに先導され、後に続くNOKIN一家(5名)を乗せたミニバンが未舗装の山道をひた進む。

「さくらんぼ」が大好物な親父。
さすがに去年のこの時期は退院直後だったと言う事もあり、見送ったらしいのだが、「さくらんぼ狩り」は ここ数年の定例行事なのだそうだ。

私がそれにお付き合いするのは初めてで、「さくらんぼ狩り」も今回が初体験。

『30分間、食べ放題、一人2,000円 (※同伴した小学校低学年までの子供は無料)』

安いのか?高いのか??判断が付かぬまま、取りあえず入園。

鉄骨が組まれ、ビニールで屋根が葺かれた園内に入ると、真っ赤に熟した さくらんぼ達が枝もたわわに実っている!! その風景は幻想的であったが、感傷にひたる間も無く、農園主の説明もそこそこに食べ放題のスタ〜〜ト♪
さくらんぼ
正確な個数は定かではないが、10秒に1個ペース、お腹いっぱいになるまで15分位はモグモグしていたので、100個近く食べちゃったかもしれない(笑)。 確実に元は取っただろう(^^)v

日帰り温泉にも立ち寄り、周りの視線が ちょっと気になったが、お腹に"でっかい傷"のある二人で露天風呂につかってきた。

明日から天気は下り坂・・関東地方もいよいよ梅雨入りかぁ?
じめじめ、蒸し蒸し・・ 何かとイライラしがちな季節を前に、溜まったストレスを解消する事ができた 楽しい一日であった。
posted by NOKIN(のきん) at 00:55| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月10日

一張羅

物の角にスネをぶつけたり、ちょっとした出っ張りに しばしば躓き、落ちているお金を拾う事など決してない・・・ そんな"上を向ぅぃて 歩こぉぉぉ♪"坂本九さん的な 私。
昔から足元への集中力は全く無い様なのだ。

今日も外回りの仕事中、いつもの様に やや上向き視線でテクテク歩いていると、 コツン!
「痛てっ!」 左膝を 歩道に置かれていた自転車の泥よけにぶつけた。

まぁ これだけならいつもの事なので、多少の痛みはあるものの、あまり気にはしない。
しかし今日は そのいつもとは違い、かなりショックな結果が・・・

「んん〜っ!?」

左足のぶつけた膝を見てみると、鋭利な刃物で切り裂かれたかの様に スーツのズボンが逆L字型にパックリと破れているぅ!!!

一張羅のスーツが こんな無残な姿に! ↓
スーツ

携帯電話へ自動配信される今朝の占いでは、【総合運】☆☆☆☆☆(5つ星)のランキング2位だったのだが、大外れで ツイてない・・・

鬼の形相の嫁の姿が目に浮かぶ・・・ トホホホホ(涙)
posted by NOKIN(のきん) at 01:10| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月08日

大量出血で患者死亡

【生体肝移植、大量出血で患者死亡…北大病院はミス否定】

北海道大学病院(札幌市)で6日、生体肝移植を受けていた60歳代の女性患者が出血多量に陥って死亡した。
病院から届け出を受けた道警は、遺体を司法解剖し、死亡に至った原因を調べている。

関係者によると、手術は同病院臓器移植医療部により、5日午前10時ごろ始まった。女性は重度の肝硬変で、息子から臓器提供を受けた。手術中、腹部の中で癒着した組織を除去しようとした際、激しく出血し、6日朝まで止血に当たったが、死亡したという。
病院側は「医療ミスではないと認識しているが、詳しい原因は、警察の判断を待ちたい」としている。
同病院では年約20例の生体肝移植を行っており、肝移植では国内で第一人者と言われる藤堂省教授が在籍している。これまで160例以上の生体肝移植を行ったが、手術中に患者が死亡したのは初めてという。
2007年6月7日 読売新聞)
ソース:http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070607i401.htm
posted by NOKIN(のきん) at 09:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月06日

祝 5周年

6月6日は、私達夫婦の5回目となる結婚記念日。
色んな事があったが、アッと言う間の5年間だったなぁ・・。

そう言えば、10回目の結婚記念日に奥様に贈る宝石 「スイート・テン・ダイヤモンド」 そんなテレビCMをだいぶ前に見た様な気がする。

あと5年後かぁ・・・

嫁さんが同じCMを見ていない事を祈るが、
念の為 来月からお小遣いの一部を貯めとく事にしよ〜〜ぅ。


保険として(^^;
posted by NOKIN(のきん) at 23:59| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月01日

ピューロランドへ

先日の休みに東京都多摩市にある『サンリオ ピューロランド』へ行ってきた♪
ピューロランド
入場券と フリーアトラクション券がセットになった 「パスポート券」 を休みの前日に知人からもらった。 チケットを良〜く見てみると、その有効期限は5月末まで・・・・ 今日と明日しかないやんけ!(^^; 体調は けっして本調子ではなかったのだが、娘の為に朝から出動〜〜♪
キティ1 稲荷寿司 ヒューロランド
行く前までは、大人が行ってもつまらない子供だましの施設かなぁ?な〜んて思っていたのだが、そこで行われている数々のショーを実際に目にすると どれも豪華で質が高いのに驚いた!! 

(PC用パレード動画)

ダンスやショーが大好きなうちの家族には最高に楽しい一日となった。
今回は頂き物だったが、普通にチケットを買って入っても、この内容なら安いくらいじゃないでしょうか??また行こうっと♪
posted by NOKIN(のきん) at 12:34| 東京 🌁| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月29日

お豆腐一丁♪

給料日直後か、嫁さんが よっぽど機嫌の良い時にしか買ってきてくれない ちょっと高価(とは言ってもメーカー希望小売価格300円)なのだが、とっても美味しい、私のお気に入りの豆腐がある。

【原材料】 厳選北海道丸大豆・厳選にがり100%使用。
「独自高濃度にがり製法で甘みとこくをお楽しみ頂ける最高の逸品です」


『最高の逸品』 と謳っているだけあって、ホントに美味いのだ。
これ本当にお豆腐なの? 口に入れた瞬間にとろけてしまいそうなほど滑らかで、大豆本来の旨味が引き出されていて、ほんのりとした上品な甘さをも感じられる。 メイプルシロップでもかければ、デザートとしてもいけちゃうのではないだろうか?? (私はやらないけど^^)


一週間ほど前の 嫁が上機嫌な(笑)ある日、サーフボードを上から見た様な形状の容器と、変ったネーミングで、スーパーの陳列棚の中でも一際目を引く その豆腐一丁を購入。正確には、容器が三つに分割できる様になっているので、三丁(3パック)なのか??

一日 1パック、一晩・二晩・「三晩目の夕食時」にそれは起こった。

スプーンで豆腐を口に運ぶ・・・

「・・・ん?・・んん??・おえっ! 中身が違〜う!!」

あの濃厚な味わいも クリーミーな舌触りも そこには無く、豆腐ではあるが 全くの別物!!明らかに中身の入れ間違えである。

私のささやかな楽しみがぁぁ・・・・・ ;;

そんな訳で、生まれて初めての食品メーカーへの クレ〜〜ム!!

私も仕事上、お客さんからのクレームを受けたり、こちらから取引業者に対しクレームをつけることはあるのだが、私生活では よっぽど大きな損害を受けない限り、かえって面倒なので 「まぁ いっか」と そのままにしてしまう事が多い。 なので、その豆腐が食べられなかった事、私の中で相当悔しい思いがあったのかも知れない(笑)


翌々日、電話で話をした品質管理部の担当者から クール宅急便で小包が届いた。

豆腐のパック満載の我家の冷蔵庫^^
ここ数日、毎晩「高級豆腐」を存分に食べる事ができている。

〇〇食品さん 迅速で ご丁寧な対応ありがとうございました。
今後もまた「お豆腐」買わせて頂きますネ♪ ・・・嫁の機嫌が良い時だけですが(笑)。

posted by NOKIN(のきん) at 01:25| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月27日

フルコース

三日ほど前から どうも体調が悪い。

全てのやる気が失せるほどのキリキリとした胃の痛みから始まり、お腹は ピ〜ゴロ  ピ〜ゴロ・・・ 頭は重く、喉も痛い。
昨日から体がダルいと思っていたら、節々がむず痒くなってきて ついに38℃の発熱! ここ数日間で「体の不具合フルコース」を堪能(^^;

風邪だな・・・

術後一年以上経つと こんな状況にも動じない^^

posted by NOKIN(のきん) at 11:22| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月20日

交通ルールを守ろう

仕事を終え 帰宅すると一通の葉書が届いていた。

『運転免許証更新のお知らせ』  警視庁運転免許本部免許管理課

お〜 もうそんな時期かぁ早いもんだなぁ。三つ折りの葉書をペリペリッと開いてみると、 

「運転免許証の更新時期が近づきましたので、お知らせします。運転免許証の有効期間は、誕生日後1か月以内です。なお、他府県へ住所を変更した方は、現在の住所地の公安委員会で更新手続きとなります」

 ふむふむ

【更新手続ができる期間】
 平成19年05月27日〜平成19年07月26日

【更新が出来る場所】
 運転免許試験場 〇
 運転免許更新センター ×
 指定警察署 ×
 東京都以外 ×

【手数料】 4,250円

【更新後の有効期間】 3年

【講習区分】
 
違反

 違反っ!!?

【直近の違反】 平成16年03月02日 通行禁止

 ・・・・・うぅぅ。

三年以上前の事だったので、すっかり忘れていたのだが、営業車で外回りをしていた時、夕方の二時間(16:00〜18:00)だけ右折禁止の規制のかかった交差点を うっかり曲がってしまい、その先の検問で違反切符を切られていた事を思い出した。

また二時間の講習っすか・・・;;

“金色”に輝く運転免許証を手にする日は 遠いぃぃぃぃ

posted by NOKIN(のきん) at 00:26| 東京 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。